故郷に錦を飾れるか、イタリアンのテーブルマナー

イタリア料理

イタリア料理のマナーの基本にあるのは楽しく食事をすることです。

イタリアンのレストランでのテーブルマナーとは決して難しいものあはありません。 フランス料理よりも気楽に食べられると人気の高まってきたイタリア料理は、 あまり固くならずに食事を楽しむことが大事であると考えられています。 ですのであまり形式にとらわれず、一緒に食事する人に不快感を与えないよう 楽しく食事が出来ればそれだけでも充分なのです。 ですがマナーというものがあちらこちらで語られているとそれを気にしない 訳にもいかず、マナーを身につけることで自信を持ち、より楽しく食事 をすることが出来るようになるのであれば覚えたほうがいいともいえます。 イタリア料理にはオリーブ油と乳製品を使った料理が多くあり、前菜は食欲 を掻き立てるように手のこんだ料理、逆に主菜は素材を活かしたシンプルな 料理となるのが基本です。 イタリアンのお店へ行ったら、まずは食事の前に食前酒としてシャンパンなど 発泡酒で乾杯します。 コースでしたら最初に前菜のアンティパスト(オードブル)が出てきます。 これは食欲を高めるような、刺激的で色鮮やかな料理が数種類出されます。 次にボリュームのある一皿目のパスタ(プリモピアット)が出てきますが、 パスタの代わりにピザが出ることもあります。 パスタの種類もクリーム系のパスタやミートソース系のパスタなどがあり、 リゾットやスープが出ることもあります。 パスタはソースの種類によって食べやすさ、きれいに食べやすいかどうかが 違ってきますので、希望があるのなら事前にシェフに伝えておきましょう。 次に二皿目の主菜(メインセコンドピアット)として、魚料理や肉料理の メイン料理となります。 肉なら牛ロースや牛ヒレステーキのようながっつり系となります。 デザート(ドルチェ)には女性に好まれそうなティラミスなどイタリアで 生まれたデザートが、他のお店とは比べ物にならないくらいたっぷりと楽しめます。 食後のコーヒーにはカプチーノやカフェラテなどがありますが、本場イタリア ではエスプレッソを飲みます。 このイタリアンのコースに必要な最低限のマナーを解説していきますので、 グルメに関して興味のある方はぜひお読みください。